私は30代の頃に友達にお金を借りました。

当時の私はとある宗教団体に入っていて、毎月1~5万円程のお布施をしていました。その時はそれが当然の事で、しなければ信心が足りていない、もっともっとしなければと思っていました。

最初は自分の稼ぎから出せる範囲で頑張っていましたが、誰かが100万円お布施した、1000万円お布施したと聞けば自然と競争心が煽られ、自分ももっと頑張らなければと思います。

子供の頃から心臓に欠陥があることはわかっていました。

しかし急を要するような状態ではなかったため、この年までスキーにスノボ、ダイビングとレジャーを毎年楽しんでいましたし、遅刻しそうになってダッシュすることも気になりませんでした。

それが30代半ばになってなんとなく不調が続くようになり病院に行くと、大きな病院を紹介され、あっという間に入院、手術という話になって、急にお金の心配が出てきました。

ほとんど貯金をしていない20代後半で結婚することになった。

結婚前に買いたいものを買いたかったので、ノートパソコンや付属品等のガジェットを40万円ほどカードで買い込んだ。一括払いは厳しいので、30回以上の分割払い。

さらに、結婚式用のスーツやら靴やら、いろいろと必要な買い物が多数。。結婚という幸せなイベントなので、テンションも高く買い物をしてしまう。

まとまったお金を借りる場合、思った以上に返済が負担になるという体験談です。

私の場合、自動車を購入する際に、ローンを組みました。毎月2万円ちょっと、ボーナス返済に15万円ほどで2年間の返済期間でした。

頭金がありましたからこのような返済スケジュールを組むことができました。

ある日突然、スーッと空気の抜けるような痛みを歯に感じまさかと不安な気持ちで鏡を見てみると奥歯に大きな虫歯が......。

こればかりは歯医者に行かないと治らないと危機感を持ったのですがあいにくギリギリの暮らしで手持ちは少なく、このまま耐えられる状態でもなかったため普段使っていたクレジットカード会社のキャッシングを使いました。

お金を借りるということに最初は抵抗がありました。

わたしは住宅購入をするときに親からお金を借りました。

2人目の子供が生まれ、いつまでも賃貸物件に住んでいても仕方がないという考えが出てきたところでした。

賃貸物件は毎月家賃を支払いますが、いつまで経っても自分の所有物になるわけではありません。それであれば持ち家を購入して毎月返済していく方が賢いと感じたのです。

最初の借金の理由は、ギャンブルでした。

ギャンブルで使ってはいけない資金にまで手を出し、穴を埋める為に借金をして、借金した資金をギャンブルで増やし、穴埋めと借金返済を目論んでいました。

最初は、たまたま借金したお金をギャンブルで増やす事に成功し、借金の返済と穴埋め、更に浮いた分のお小遣いを手に入れる事に成功し、味を占めてしまいました。

私はこれまでの生活の中でお金を借りるという経験をほとんどしたことがありませんが、学生時代に1度だけお金を借りた経験があります。

それは、所属していたサークルの友人と海外旅行にいくことになり、持ち合わせでは足りなくなってしまったためです。

歴史系のサークルに所属していたため、ヨーロッパの史跡を見て回りたいということになり、ドイツとポーランドの2カ国に2週間というかなり長期の旅行だったので、費用は50万円ほどでそのうちの30万円を友人から借りました。

大学を出て、一般企業で事務として働いていました。

会社の業績を疑うことなく真面目に勤めていたのですが、有休を取り休んだ翌日出社すると職場の雰囲気がおかしいのです。どんより暗い顔をした先輩に聞くと、まさかの自主廃業でした。

希望すれば本社へ異動出来るとこ事でしたが、全員希望した場合、本当に全員受け入れてくれるのかと疑心暗鬼になっていました。それからは数カ月、自主廃業の為の作業を行いました。

以前、僕は銀行系カードローンから30万円近い借金をしていました。

最初のうちは数千円程度だったのですが、段々とエスカレートしてしまって、半年くらいのうちに、負債総額が限度額の30万円になってしまいました。

結局自己破産申立て中で支払い免除の手続きを行ったのですが、途中までは返済を続けていました。借金のある生活はとても苦しくて、借りては返すという事を繰り返していました。

今は免除の申請も承認されて、請求は来ていないのですが、一時期は毎月のように督促の電話がかかってきていて、大変でした。