以前、僕は銀行系カードローンから30万円近い借金をしていました。

最初のうちは数千円程度だったのですが、段々とエスカレートしてしまって、半年くらいのうちに、負債総額が限度額の30万円になってしまいました。

結局自己破産申立て中で支払い免除の手続きを行ったのですが、途中までは返済を続けていました。借金のある生活はとても苦しくて、借りては返すという事を繰り返していました。

今は免除の申請も承認されて、請求は来ていないのですが、一時期は毎月のように督促の電話がかかってきていて、大変でした。

卒業旅行のためにお金を借りました。私は大学卒業時にサークル仲間と卒業旅行を計画していました。

サークル仲間で卒業旅行に行こう、と計画したのは大学4年の夏くらいからで本当に楽しみにしていました。卒業旅行へは5人で行く事になり、冬くらいには大分計画も煮詰まってきました。

私は卒業旅行のために、アルバイトもしていました。就職活動ともかぶる事もあり結構大変でしたが、なんとかがんばってアルバイは続けていました。

旅行の行き先はイタリアに決めました。行き先はどこにしようか、と悩んだのですが、結局行きたいと言った人が多かったイタリアに決定しました。私にとってイタリアは憧れの国だったので、行くのを楽しみにしていました。

元々の浪費癖がたたり、あらゆる金融機関からも融資が受けられなくなり、恥を忍んで友人へ借金の申し込みをしたことがあります。

10年近くの付き合いで、たまに休日も共有するような仲でしたので、頼れるのはこの友人しかいませんでした。

普段は些細なお願いも聞いてくれていたので、ついその性格に甘えてしまい、お金を借りる時も同じような態度で接してしまいました。