まとまったお金を借りる場合、思った以上に返済が負担になるという体験談です。

私の場合、自動車を購入する際に、ローンを組みました。毎月2万円ちょっと、ボーナス返済に15万円ほどで2年間の返済期間でした。

頭金がありましたからこのような返済スケジュールを組むことができました。

最初の借金の理由は、ギャンブルでした。

ギャンブルで使ってはいけない資金にまで手を出し、穴を埋める為に借金をして、借金した資金をギャンブルで増やし、穴埋めと借金返済を目論んでいました。

最初は、たまたま借金したお金をギャンブルで増やす事に成功し、借金の返済と穴埋め、更に浮いた分のお小遣いを手に入れる事に成功し、味を占めてしまいました。

以前、僕は銀行系カードローンから30万円近い借金をしていました。

最初のうちは数千円程度だったのですが、段々とエスカレートしてしまって、半年くらいのうちに、負債総額が限度額の30万円になってしまいました。

結局自己破産申立て中で支払い免除の手続きを行ったのですが、途中までは返済を続けていました。借金のある生活はとても苦しくて、借りては返すという事を繰り返していました。

今は免除の申請も承認されて、請求は来ていないのですが、一時期は毎月のように督促の電話がかかってきていて、大変でした。

私は現在、「技能者育成融資」という項目のお金を借りて、学校に通っています。

通常の奨学金制度と何が違うのかというと、奨学金は、家の経済状況や借りる本人の成績などによって、返済額が少なくなったり、返済不要のものもあるのですが、この「技能者育成融資」というのは、必ず借りた全額を返さなければなりません。

返済額が減ったりすることも絶対にありません。