以前、僕は銀行系カードローンから30万円近い借金をしていました。

最初のうちは数千円程度だったのですが、段々とエスカレートしてしまって、半年くらいのうちに、負債総額が限度額の30万円になってしまいました。

結局自己破産申立て中で支払い免除の手続きを行ったのですが、途中までは返済を続けていました。借金のある生活はとても苦しくて、借りては返すという事を繰り返していました。

今は免除の申請も承認されて、請求は来ていないのですが、一時期は毎月のように督促の電話がかかってきていて、大変でした。

現在は借金生活にはなっていないのですが、相変わらず生活はキツく、なんとかならないかなあと思っています。

コレを書いていて思ったのですが、なんとなく思っているだけじゃ人間って中々変わらないものですね。今となっては借金はなくなっても、相変わらず浪費しがちな生活には変化はありません。

今は多分ブラックリストにも載っていると思いますし、これ以上借りる事ができません。携帯の決済手段は今のところ持っていますが、コレの額も日に日に増えてきています。

これも後払いの決済手段なので、ある意味お金を借りているという事に近いのかな?と常々思いますが、未だにそういう癖のようなものは治りません。

なので、一度お金を借りる習慣が付くと、改善するのは難しいですよ。という事を今回の記事では言いたいです。