私は現在、「技能者育成融資」という項目のお金を借りて、学校に通っています。

通常の奨学金制度と何が違うのかというと、奨学金は、家の経済状況や借りる本人の成績などによって、返済額が少なくなったり、返済不要のものもあるのですが、この「技能者育成融資」というのは、必ず借りた全額を返さなければなりません。

返済額が減ったりすることも絶対にありません。

その点においては、通常の奨学金よりも厳しいところがあります。

ときどき、奨学金を遊びに費やす学生というのを目にしますが、借りたお金を遊びに使うというのはいかがなものでしょうか?

返済不要の場合ならともかく、いずれ返さなければならないお金を遊びに使う考えが私には理解しかねます。

私を含め、奨学金や融資といった、一種の「借金」を背負う身であれば、借りたお金ならば学業や日常生活に費やすなどして、将来のために役立てるべきだと思います。

遊ぶお金が欲しいのなら、奨学金に甘えずに、アルバイトなどをすればいいと思います。