大学を出て、一般企業で事務として働いていました。

会社の業績を疑うことなく真面目に勤めていたのですが、有休を取り休んだ翌日出社すると職場の雰囲気がおかしいのです。どんより暗い顔をした先輩に聞くと、まさかの自主廃業でした。

希望すれば本社へ異動出来るとこ事でしたが、全員希望した場合、本当に全員受け入れてくれるのかと疑心暗鬼になっていました。それからは数カ月、自主廃業の為の作業を行いました。

自分がどうなるか不安を抱えながらの仕事は辛かったです。その時思ったのが、やはり手に職があればという思いでした。

自宅に戻りネットで調べると、社会人から看護師になった方のブログに辿り着きました。それから色々検索してみると、かなりの人が社会に出てから看護学校に入学していました。

ひょっとして、私も出来るかも?と思い、看護学校を受験する事に。夜は受験勉強を独学で行い、無事1回の受験で看護学校に合格しました。学費は自分の貯金から出す事にしました。

始めは貯金で十分賄えるはずだったのですが、健康保険の任意継続保険料や、看護の高い専門書を買う必要などがあり、貯金はあっという間になくなりました。

身分的は無職の学生になるので、親から借りました。つい2年前まではバリバリ働いていたOLだったので、お金で困ると思いませんでした。

出来たら、親に借金したくなかったんですが信用がないので仕方ないですね。

早く資格を取って、バリバリ稼いで借金を早く返したいです。