20代に入った頃、仕事で車に乗らねばならない事になりました。

その頃、私は免許を持っておらず1から自動車教習所に通わねばならずまたその資金も持ち合わせていませんでした。

貸金業者などから借金する事には抵抗があったので申し訳ないと思いながらも父に相談し親から借りる事になりました。

自動車教習所の費用分で20万円ほどだったと思います。

人によってはたった20万円と思う人もいるかもしれませんが今までも大切に育ててきてくれた親が自分の為に20万円をすっと出してくれたことにとても感謝しました。

それと同時に必ず免許を取得し仕事に生かそう、今まで以上に仕事を頑張る事は勿論の事親の事も大事に親孝行せねばならないと改めて心に決めた出来事でもあります。

その後1年ほどかかりましたが毎月コツコツと費用分親が出してくれたお金を返済する事が出来ました。

親は返さなくてもいいといいましたが成人している以上、それが親への感謝の気持ちの表し方だと思っています。